吉田神社
神社めぐり旅行

全国の神社 歴史旅行

全国の訪ねてみたい神社について順番に調べています
神社の現在の建物や環境ではなくて、祭神の由来を中心に情報を整理しています
神社の雰囲気や周辺の見所も紹介しています





京都府 吉田神社

吉田神社への旅 吉田神社は京都の東、京都大学の敷地に隣接しています
貞観元年(859年)に、藤原氏が一門の氏神として奈良の春日大社から四座の神を勧請して、平安京における藤原氏全体の氏神としました
鎌倉時代以降は、卜部氏(後の吉田家)が神職を相伝するようになりました


吉田神道(よしだしんとう)とは、正統的神道であるとして吉田兼倶が創り、江戸時代には全国の神社・神職を支配したほどの勢いがありました
密教や道教、陰陽道等の教理や儀礼を取り入れたともいわれています


吉田家は全国の神社の神職の任免権を持ち、明治になるまで神道界に大きな権威を持っていました


祭神

祭神は以下の4柱で、勧請元の春日大社と同じ
  建御賀豆智命 (たけみかづちのみこと)
  伊波比主命 (いわいぬしのみこと)
  天之子八根命 (あまのこやねのみこと) 吉田家の祖先
  比売神(ひめのかみ)


吉田兼倶

吉田神道を創り、吉田神社を全国区にしました
吉田兼倶は、神道を研究・整理して「神明三元五大伝神妙経」を著して、天皇や公家たちに進講するまでになりました
本姓は卜部氏で、先祖代々神道家ですが、兼倶の代に吉田家を興しました


吉田兼見

吉田兼見は、1535年に生まれ、吉田家の9代目の当主です
戦国時代の京都の吉田神社神主であり、従二位・神祇大副・左衛門督の官位を持っていました

織田信長や明智光秀と親密であり、色々な相談を受けていたという記録があります

特に有名なのは、明智光秀が本能寺の変を起こす前にも兼見に会っていたという事です
兼見は「兼見卿記」という日記を書いていて、この頃の出来事を記録しています

大元宮

境内に末社・斎場所大元宮があります
この大元宮にお参りすると全国の神社に詣でたものと同じ効験があるとされています
大元宮は神社の敷地内のかなり高いところにあります
お参りするとかなり息が切れますが、私は全国の神社を巡るよりは楽だと思って坂道を登って参拝しました



サイト メニュー

Copyright (C) 2007 全国の神社 歴史旅行. All Rights Reserved.