大分県 宇佐神宮
神社めぐり旅行

全国の神社 歴史旅行

全国の訪ねてみたい神社について順番に調べています
神社の現在の建物や環境ではなくて、祭神の由来を中心に情報を整理しています
神社の雰囲気や周辺の見所も紹介しています





大分県 宇佐神宮

大分県旅行 宇佐神宮は、大分県宇佐市にあり、全国の八幡宮の総本社です


宇佐神宮について一番有名なエピソードは、天平時代に東大寺を建立する際に聖武天皇が、宇佐神宮から神をヤマトへ勧請した事でしょう

大和朝廷(天皇家)がそれ程大事に思っているのに正史(日本書紀)には一切書かれていない点に何か秘密を感じます

大分県のこの地は、近畿地方から九州を攻めるときの重要なポイントとなります
また、神武天皇のモデルではないかと言われている応神天皇と深いつながりがあるようです
しかし、謎が多くて、まだまだ今後の研究に期待したいところです



祭神

多くの祭神が祀られていますが、中心となるのは応神天皇です


日本書紀等の記録では、神宮皇后と行動を共にした応神天皇は、九州から近畿に攻め上って行きましたが、そのあたりは謎が多く、本当の行動と宇佐との関係は明確ではありません


また、誉田別命(応神天皇)、大帯姫命(神宮皇后)、比売大神という三体並べて祀るのは海の神の祀られ方です





サイト メニュー

Copyright (C) 2007 全国の神社 歴史旅行. All Rights Reserved.