燈籠
神社めぐり旅行

全国の神社 歴史旅行

全国の訪ねてみたい神社について順番に調べています
神社の現在の建物や環境ではなくて、祭神の由来を中心に情報を整理しています
神社の雰囲気や周辺の見所も紹介しています





燈籠

神社の燈篭 神道は、闇を大切にする宗教です
昔からある神事の中で特に重要なものは、暗闇の中で行われるものが多いのはそのためです
例えば、伊勢神宮の式年遷宮の遷御や上賀茂神社の御阿礼(みあれ)神事は真っ暗の中で行われます
燈籠が多い事で有名な春日大社でも、おん祭の時は灯をすべて消して闇の中で行われます


この様に闇を大切にする神社になぜ燈籠があるのでしょうか
燈籠はそもそも仏教が起源です
あまり灯のなかった時代に、お寺に燈籠を寄進する風習がありました
そして、神仏の習合が進むにつれて、神社にも燈籠を寄進する人が増えてきて広まったのではないかと言われています


ちなみに、神社における燈籠の置き方は、社殿の前に大きなものを一基置く、というのが本来だそうです




サイト メニュー

Copyright (C) 2007 全国の神社 歴史旅行. All Rights Reserved.