神話時代の祭神
神社めぐり旅行

全国の神社 歴史旅行

全国の訪ねてみたい神社について順番に調べています
神社の現在の建物や環境ではなくて、祭神の由来を中心に情報を整理しています
神社の雰囲気や周辺の見所も紹介しています





神話時代の祭神

日本神話に出てくる神を祭っている神社は全国に多くあります
これらの神々が実在したかどうかは定かではありません


長野県 諏訪大社

諏訪大社 諏訪大社は、長野県の諏訪湖の近くにあります
全国に多数(2,600?)ある諏訪神社の本社です




三重県 伊勢神宮

伊勢神宮伊勢神宮は皇祖神である天照大神を祭っています
天皇家にとって最も大事な神のはずですが、色々な謎に包まれています




奈良県 大神神社

大神神社 大神神社(おおみわじんじゃ)は、奈良県桜井市にあり日本最古の神社と言われています
三輪山自体がご神体という古い形式を今でも保っています




福井県 氣比神宮

氣比神宮への旅 氣比神宮(けひじんぐう)は、福井県敦賀市にあります
この地は日本海の海上交通の要地で、古くから北陸道総鎮守とされていました
仲哀天皇・神功皇后・武内宿禰・応神天皇と、いつもセットになっている登場人物が関係しています




島根県 出雲神社

神社への旅行天皇家の子孫に土地を譲った大国主命を祭っている出雲大社です
日本神話と真実の違いが考古学によって明らかにされる日が来そうです





サイト メニュー

Copyright (C) 2007 全国の神社 歴史旅行. All Rights Reserved.