お賽銭はいくら入れるの?
神社めぐり旅行

全国の神社 歴史旅行

全国の訪ねてみたい神社について順番に調べています
神社の現在の建物や環境ではなくて、祭神の由来を中心に情報を整理しています
神社の雰囲気や周辺の見所も紹介しています





お賽銭はいくら入れるの?

神社でのお賽銭の意味を考えて見ましょう。
「賽」というのは、お礼参りのことです。

神社では願い事をかなえてもらうためにお賽銭を入れるのではなくて、願い事をかなえてもらったお礼にお賽銭を収めるのです。
では、その額はいくらが妥当なのでしょうか・・・。
結論は、何がいくらという答えはありません。

自分が神様に感謝している気持ちを表す意味なので、自分の気持ちしだいということになります。
多くの方は語呂あわせをしているように聞きます。

ご縁がありますように、と5円玉を入れる、というのが多いようです。
重ね重ねご縁がありますようにと、10円入れるときは、五円玉2枚になります。
10円玉は、遠縁に通じるので避ける人が多いようです。

また、五円玉や五十円玉のように穴が開いている硬貨は、先が見通せるので良い、という考えもあるようです。

金額は問題ではありませんが、お賽銭を投げ入れるのは駄目です。
ちょっと考えても、神様に失礼ですよね。

本来は、お金を熨斗袋に入れてからお賽銭として収めるのが礼儀だそうです。
今、こういう人はほとんど見かけませんね。




サイト メニュー

Copyright (C) 2007 全国の神社 歴史旅行. All Rights Reserved.