奈良県 大神神社・天皇社
神社めぐり旅行

全国の神社 歴史旅行

全国の訪ねてみたい神社について順番に調べています
神社の現在の建物や環境ではなくて、祭神の由来を中心に情報を整理しています
神社の雰囲気や周辺の見所も紹介しています





奈良県 大神神社・天皇社

大神神社は三輪明神とも呼ばれ、日本最古に神社と言われています。
その大神神社の中に小さな天皇社があります。
この小さな祠には崇神天皇が祀られています。

祭神

崇神天皇(御真木入日子印恵命(みまきいりひこいにゑのみこと))。
11月14日にはご祭神の聖徳を称えて「崇神天皇奉讃祭(すじんてんのうほうさんさい)」が斎行され、神楽「磯城の舞(しきのまい)」が特別に奉奏されます。

崇神天皇は、大和の三輪山麓に本拠地を置き、「三輪王朝」とも呼ばれています。
崇神天皇は、多くの神社を造り、皇居にあった天照大神を大和国の笠縫邑に遷宮したことでも有名です。
また全国に四道将軍(しどうしょうぐん)を遣わした事も知られています。
日本書紀には「御肇國天皇(はつくにしらすすめらみこと)」と書かれ、実質的に大和朝廷を造った人物だと言われています。
しかし崇神天皇自身を祀っている神社はほとんどありません。
これはどういう理由なのかわかりません。


サイト メニュー

Copyright (C) 2007 全国の神社 歴史旅行. All Rights Reserved.