七五三
神社めぐり旅行

全国の神社 歴史旅行

全国の訪ねてみたい神社について順番に調べています
神社の現在の建物や環境ではなくて、祭神の由来を中心に情報を整理しています
神社の雰囲気や周辺の見所も紹介しています





七五三

神社で節目にお祓いを受けるという人は多いと思います。

初詣は、参拝するだけですが、七五三は神殿に昇ってお祓いを受けるのが一般的ですね。

現代では、女の子は3歳と7歳、男の子は5歳に七五三のお祝いする地方が多いと思います。
七五三は江戸時代に関東で始めり、その後全国に広まったと言われています。

七五三の意味は、歳ごとに次のような意味になります。
3歳では「髪置(かみおき)」といって初めて髪を整える儀式となります。
昔は男女とも3歳でお祝いしました。
5歳は、「袴着(はかまぎ)」といって、男の子が初めて袴をはく儀式です。
7歳は、女の子が初めて帯を結ぶ「帯解(おびとき)」という儀式です。

昔は小さい子の生存率が低かったので、とりえずこの歳まで成長したことのお祝いという意味合いが濃かったようです。 ここまで無事に成長したので、後は長生きできるように、千年も生きられる様にという事で千歳飴が考えられました。

ちなみに、3歳、5歳、7歳、ともに数え年で行うのが本来です。
しかし、今は満年齢で行う家庭も多いようです。




サイト メニュー

Copyright (C) 2007 全国の神社 歴史旅行. All Rights Reserved.