大阪府 高津宮
神社めぐり旅行

全国の神社 歴史旅行

全国の訪ねてみたい神社について順番に調べています
神社の現在の建物や環境ではなくて、祭神の由来を中心に情報を整理しています
神社の雰囲気や周辺の見所も紹介しています





大阪府 高津宮

第16代 仁徳天皇は世界一の大きさと言われている前方後円墳で有名です。
古墳の名前は百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)と言います。

仁徳天皇に関する有名なエピソードして、「民のかまど」という話があります。
人家の竈(かまど)から煙が上っていないのを見て、3年間租税を免除して宮殿の屋根の茅さえ葺き替えなかった、という話です。
実際のそうだったのかどうかは不明です。
応神天皇が九州から近畿に凱旋し、仁徳天皇の時代には勢力を確実にしたと言うことは言えると思います。

都が難波高津宮(なにわのたかつのみや)にあったことから、高津宮(こうづぐう)に祀られています。
高津宮は平安期の初期、貞観八年(866年)に造られました。

昭和20年に戦災で焼失しましたが、昭和36年に再建されました。



サイト メニュー

Copyright (C) 2007 全国の神社 歴史旅行. All Rights Reserved.