大分県 宇佐神宮
神社めぐり旅行

全国の神社 歴史旅行

全国の訪ねてみたい神社について順番に調べています
神社の現在の建物や環境ではなくて、祭神の由来を中心に情報を整理しています
神社の雰囲気や周辺の見所も紹介しています





大分県 宇佐神宮

第15代 応神天皇は全国で一番多いと言われる八幡宮と大いに関係があります。
八幡宮の総本社である宇佐神宮については別ページに譲ります。
応神天皇は父親が仲介天皇で母親が神功皇后と言われています。
しかし別ページに書いたように仲哀天皇は謎の急死をし、応神天皇はその10ヶ月後に生まれてはいますが、本当に父親が仲哀天皇かどうかは謎です。
仲哀天皇の本当の没年は不明です。
日本書紀には、仲哀天皇崩御の後、神功皇后は腹に石を巻きつけて、出産を遅らせたという記述があります。
これは妊娠と出産の時期を曖昧にさせるためではないかと疑いたくなります。

応神天皇は大分県で生まれたので宇佐神宮は大分県にあります。

応神天皇また、九州から大和地方へ入るのに時間がかかっている点も謎です。
またこの時の道程が実は神武天皇の東征の元ではないかという説もあります。
つまり応神天皇が初代天皇ではないかという疑問です。



サイト メニュー

Copyright (C) 2007 全国の神社 歴史旅行. All Rights Reserved.